5分でわかる月極駐車場の解約の流れ

所有している車を停めておくために、月極駐車場を利用しているという方も多くいるでしょう。しかし、引っ越したり、車を売ってしまったりなど駐車場が不要になった場合、駐車場解約の仕方に悩んでいる方もいるかもしれません。ここでは、月極駐車場の解約の仕方や必要なものなどについて解説していきます。解約を検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

駐車場を解約したくなったら

法人経営の駐車場と個人経営の駐車場とで、解約の際の決まりに差があることもありますが、基本的には解約の1ヶ月前には連絡を入れるのがマナーとされています。

引っ越しをしたり、車を売ってしまうため、月極駐車場の解約をしたいと思ったら管理会社や不動産会社など、駐車場を管理している会社に解約をしたいという旨の連絡を入れるようにします。連絡を入れたらすぐに解約になるわけではないので、駐車場を使わなくなる日にちを考えつつ、余裕を持って連絡をするようにしましょう。

法人経営の駐車場の場合

駐車場を契約する際の契約内容によっても異なりますが、不動産会社や管理会社など法人経営の駐車場を解約する場合、また借主から解約の申し出をおこなう場合は、解約の1ヶ月前にその意向を伝えるのが原則であると言われています。解約したい日の直前に連絡をしてしまうと、翌月分までの支払いを請求されてしまうこともあるようです。

なお、契約している会社によっては2~3ヶ月前に解約の連絡を入れなくてはいけないと定めているところもあり、一概に1ヶ月前に解約の連絡を入れれば問題ないということではないので注意しましょう。月極駐車場を契約する時には契約書を交わしているので、「解約予告の告知期限」という項目に書かれている内容をチェックしてみる必要があります。

ちなみに、通常は契約書の中に具体的な記載がありますが、賃貸借契約書によっては、解約予告の告知期限が記載されていないというケースもあります。そのような場合は、法律で解約の申し出は、3ヶ月前までに告知をすることが定められているため、念のためそのくらいの時期には伝えた方が良いでしょう。

トラブルを避けるためにも、月極駐車場の必要性がなくなった時点で管理会社や不動産会社に解約の意思を伝えておきましょう。

個人経営の駐車場の場合

個人経営の月極駐車場を借りている場合でも法人経営の駐車場の場合と同様、解約したい日にちの1ヶ月前には連絡を入れると良いでしょう。管理会社や不動産会社との契約と異なり、人によっては直前の解約申し出でも対応してくれるケースもありますが、基本的にはあらかじめ、1ヶ月程度の余裕を持って伝えるのがマナーと言えます。

借りている方も貸した方も気持ちよくやり取りできることが大切です。なお、個人経営の駐車場を借りる場合は、解約の際の手続きも法人経営の駐車場と異なることが多いので、契約した際によく確認しておくようにしましょう。

駐車場の解約に必要なもの

月極駐車場を解約する際に必要となるものは、

  • 印鑑
  • 駐車場使用契約解約届
  • 駐車場解約申込書

などの所定の解約書類となっています。なお、所定の書類に関しては、法人経営の駐車場の場合、管理会社や不動産会社が用意するので、持っていないからといって焦る必要はありません。

「駐車場使用契約解約届」や「駐車場解約申込書」には、利用している駐車場の名前や区画番号、申出日や解約日に加えて返還金がある場合の振込先となる金融機関名や口座名義を記載する箇所があります。

駐車場解約の流れ

月極駐車場を解約する場合、手続きは不動産会社や管理業者の窓口で行うか、もしくは、所定の書類を郵送したり、電話で行います。引っ越しが理由の場合、引っ越し予定日まで解約手続きは可能となっていますが、契約時に交わした書類に記載されている解約告知期間までにおこなう方が良いでしょう。

なお、代理人による手続きは不可で、解約の際の手数料は無料となっている場合が多いようです。手数料に関しては、不動産会社などが駐車場の管理を請け負っている場合、駐車場の持ち主との仲介をする際の料金として、契約の際に発生することはあるようですが、解約の際には無料なのが一般的となっています。

解約手続きが契約の際に定められている解約告知期を過ぎてしまった場合は、翌月分までの利用料金を支払わなくてはいけないこともあるので気を付けるようにしましょう。契約する際に、敷金を支払っている場合は、そのお金が返金されます。通常は「駐車場使用契約解約届」や「駐車場解約申込書」などの書類に記載した銀行口座に振り込まれます。

法人経営の駐車場の場合は、このような流れになりますが、個人経営の月極駐車場を借りている場合は、解約の仕方が異なっていることもあります。解約するにあたって必要な書類や取り決めに関しては、直接オーナーに確認するようにして下さい。

賃料の日割り計算はしてもらえるのか

月極駐車場を借りている場合、基本的には月ごとの契約となっています。月の途中で解約するという場合でも、賃料の日割り計算に対応してもらうことは難しいケースが多いです。

中には、「契約開始月」または「満期解約月」に限って日割り計算に対応してもらえることもあります。この期間に解約する場合は賃料を日割り計算してお金を返還してもらうことが可能になりますが、それ以外の月に解約をすると月単位の料金を請求されてしまうので注意が必要です。

月の途中で解約したいという方は、賃貸借契約書に「1ヶ月に満たない期間の賃料」についての記載があるかどうかを確認してみて下さい。

解約をスムーズに進めるためには

駐車場の解約手続きをトラブルなくスムーズに進めるためには、遅くとも解約したい日の1ヶ月前には解約の申し出を行うようにしましょう。解約の時期に関しては契約先によって異なりますが、なるべく早く連絡を入れることで、余分な支払いを防げることもあります。

事前に契約書をよく読むことも大切です。契約書には、解約手続きの方法や月の途中での解約に関する事柄について記載されているので、あらかじめ読んでおくことにより、思い違いによるトラブルを防ぐことができます。さらに、解約の手続きをする際には出来るだけ書面でのやり取りをして、証拠として残しておくと良いでしょう。口頭のみでやり取りをおこなってしまうとお互いの認識違いによるトラブルが起きる可能性があります。

トラブルなく解約しよう

何かとトラブルになることが多い月極駐車場の解約手続きですが、解約したい月の1ヶ月前には管理会社に連絡を入れるなど、余裕を持った対応をおこなうように心がけるようにしましょう。解約については、管理会社によって異なることもあるので、契約書をよく読むことが大切です。正しい手順を踏んで、トラブルなく解約しましょう。

避けたい月極駐車場のトラブル、4例の解決方法と対策

住んでいるマンションやアパートに駐車場がない場合、月極駐車場に車を駐車している人も多いでしょう。車通勤の人は、職場の近くに月極駐車場を借りるケースもあるかもしれませんね。月極駐車場を利用するときには、こういった場所で起こりがちなトラブルについてもある程度知っておいたほうが安心です。今回は、月極駐車場でのトラブルの例や対応方法、対策について解説していきます。

トラブル1、車へのいたずら

夜間や早朝などの人通りの少ない時間帯に車を駐車していると、フロントガラスやタイヤなどにいたずらをされるケースがあります。なかには、ワイパーを折られたり、タイヤに釘を刺されたり、といった悪質ないたずらも見られますので、注意が必要です。

月極駐車場には土地や建物の持ち主や所定の管理者がいて、ガードマンなどが常駐している場合もありますが、このような人でも常に駐車場を見張っているわけにはいかないのが現実です。多くの駐車場は時間帯によって無人になるため、いたずらをされるリスクもアップします。

万が一、月極駐車場を利用している間に車にいたずらをされてしまったときには、すぐに管理者に連絡しましょう。状況を正確に伝えるためには、いたずらの状況を撮影した写真が役立ちます。気付いた時点で、スマホなどで撮影をして証拠を残しましょう。

駐車場に防犯カメラなどが設置されていると、ある程度人の出入りがチェックできます。写っている人が判別できれば、犯人の目ぼしもつきやすくなるでしょう。修理が必要な場合やたびたびいたずらが繰り返されるときには、警察にも相談をしておいたほうがいいかもしれません。

トラブル2、盗難

全国的に増えている車上荒らしは月極駐車場でも発生しています。ガラスを割って鍵を開け、車内にある財布や貴金属などを持ち去ったり、カーナビを取り外して盗んだりするケースは後を絶ちません。車の外側についているタイヤやホイルなどの外装部品を盗むケースも増えています。

こういった車上荒らしは、一般的に人気のない時間帯に発生率が高くなります。夜間から朝にかけてはとくに発生件数が増えてきますので、月極駐車場を利用するときにも注意しておきたいところです。車上荒らしの場合は、大阪や東京などの都市部で多く発生しています。地方でも徐々に被害が増え始めているため、地域を問わず油断ができないのがこの手のトラブルです。

盗難の被害に遭ったときには、まず警察に連絡をしましょう。指紋などがついている可能性もあるので、できるだけ現場に触らないようにして警察の到着を待ちます。

この時に、駐車場の管理者にも一報入れておくと、後から説明をする手間が省けます。できれば管理者にも一緒に立ち会ってもらって、現場検証を受けましょう。盗難に遭ったときには、盗まれた品物の価値にかかわらずうやむやにしないことが大切です。

トラブル3、事故

出会い頭に他の車とぶつかったり、歩いている人に車が接触してしまったりするトラブルは、月極駐車場でも日常的に起きている事故の1例です。屋外の駐車場の場合、夕方以降は一帯が薄暗くなりますので、誤って事故を起こしてしまうケースもでてきます。

自分が事故を起こしてしまったときには、車から降りて相手の状況を確認し、警察に連絡をします。軽い接触事故の場合などは、どちらに非があるかわからない場合もあるでしょう。こういったときには、感情的にならずに冷静に対応するのがポイントです。不利な発言などをしてしまわないように、慎重に振る舞いましょう。

自動車保険に加入しているときは、保険会社にも連絡をします。月極駐車場で起こった事故は、通常は当事者同士の問題として扱われます。設備の不備などが原因になった場合を除き、管理者側は問題に関わらないことが一般的です。事故が起こった場合の対応は、月極駐車場によっても違います。契約書などでルールを確認して、その都度必要な対応をしましょう。

トラブル4、無断駐車される

自分の駐車スペースに、他人の車がある……不正駐車は、月極駐車場ではとくに多いトラブルと言えます。不正駐車をしている車の運転者と直接顔を合わせることがあれば、月極駐車場であることを伝えて、車を他の場所に移動してもらうのが1つの方法です。

車の持ち主が月極駐車場であることを知らない可能性もありますので、最初は丁寧に事情を話したほうがいいでしょう。

持ち主と会う機会がない場合や、自分で話をするのが怖いときには、駐車場の管理者に相談をして対応してもらいます。月極駐車場は一定の料金を払って利用するスペースですので、不正駐車は明らかなルール違反です。毎回同じ車が駐車している、車が長期間放置されているといった場合には、貼り紙などでの警告が必要になる場合もあります。

このようなトラブルは、管理者と相談をしながら対応を進めていくのが事態を大きくしないコツです。

自分でできる防止策

施錠の徹底

トラブルを避けたいときには、自分でもある程度対策をしておいたほうがいいでしょう。例えば、施錠を徹底するようにすれば、車上荒らしなどの盗難の被害を最小限に食い止められます。鍵を閉めないで車の側を離れると、それだけトラブルに遭うリスクが高まります。車を離れるのが短い時間であっても、油断は禁物です。

車内に貴重品を置きっぱなしにしない

外から見えるところに財布などの貴重品をおかないようにするのもいい方法です。フロントガラスから貴重品が見えてしまうと、車上荒らしのターゲットになりかねません。貴重品は車の中に置かないようにし、他の品物もダッシュボードの中などにしまうのがベストです。車の中を整理整頓しておくと、盗難の被害に遭うリスクも減らせます。

防犯カメラやドライブレコーダーの活用

小さいサイズの防犯カメラは、軽自動車にも簡単に設置することが可能です。置き時計型やランプ型のカメラなどは配線の必要もなく、機械が苦手でも簡単に設置ができます。小型のカメラは価格も比較的安く、維持するうえでのコストも余りかかりません。

カメラを選ぶ際に気を付けておきたいのは、機器のスペックです。撮影できる環境や角度、距離などは製品によって異なります。撮影したい場所と機器のスペックが合っているかどうかを確認して商品を選べば、しっかりと状況を記録できるでしょう。

市販のドライブレコーダーもトラブル対策に活用できるアイテムです。トラブルが起きた場合、相手と主張が食い違う可能性がありますが、このような状況で証拠となる映像を確認できます。盗難やいたずらの被害を主張する際にも証拠が必要になる場合が多いので、状況を記録できるように対策しておくのがベストでしょう。

月極駐車場のトラブルは多い!普段から対策を

月極駐車場でのトラブルは、地域を問わず増えています。ご紹介したようなトラブルについて知っておけば、対策も立てやすくなるかもしれません。普段から対策を講じておくと、いざトラブルが起きたときにもベストな対応がしやすくなり、トラブルを防ぐことにもつながります。月極駐車場を利用するときには対策を立てておきましょう。

合わせて読みたい>>『駐車場の種類(タイプ)3つと選び方のポイント

駐車場の種類(タイプ)3つと選び方のポイント

月極駐車場の利用は、自宅近辺だけとは限りません。勤務先の周辺や、通勤に利用する最寄り駅の近くなどで借りる人も多いです。月極駐車場にはいくつかの種類があります。

一般的に青空駐車と呼ばれることも多い平面駐車場、都市部にみられる立体駐車場、マンションや駅前などで見かける機械式駐車場、それぞれのタイプの特徴を知っておくことで自分に合った駐車場を見つけることが出来るでしょう。

平面駐車場

駐車場と聞くと、まず思い浮かぶのは平面駐車場という人は多いかもしれません。名前の通り、平面を利用した駐車場のことで、郊外など比較的土地に余裕があるエリアによく見られます。なかにはマンションの1階部分を平面駐車場に利用しているところもあります。

駐車場内を自走して移動することが出来るため、駐車場の中では最も利用しやすいといえます。駐車場自体は、アスファルト舗装されているところもありますが、なかには砂利であったり、土がむき出しであったり、設備に関してはそれぞれです。

平面駐車場のメリット

平面駐車場の最大のメリットは、利用者とってはとても使いやすいという事です。駐車スペースまで自分で運転して移動するため、車の出し入れに待ち時間はありません

マンション1階部分や屋根付き平面駐車場を除いて、青空駐車が基本となっているため、高さ制限がないのが特徴です。背の高いワゴン車を利用していたり、車にルーフボックスを積んでいたりしている人は、平面駐車場を探して契約しているという人も少なくありません。

平面駐車場のデメリット

デメリットとしては青空駐車であるため、太陽による紫外線や雨の影響を受けてしまうことが挙げられます。自然の影響や鳥などのフン被害を受けてしまうことは避けられず、車の劣化は早くなる傾向があります

防犯上も注意が必要です。平面駐車場は人目につきやすく、誰でも出入りすることが出来ます。そのため、パンクや傷といった被害を受けやすいのです。平面駐車場を選ぶ際は、防犯カメラの設置されているところを選んだり、自分自身で防犯対策をすることが必要かもしれません。

立体駐車場

大都市部の地下空間を利用したり、屋上などを利用して作られているのが立体駐車場です。ビルをまるごと駐車場にしている場合もあります。平面駐車場と同じような感覚で利用することができ、駐車場内は自分で運転して移動します。階を移動する際はスロープを利用します。利用者にとっては使い勝手はいいのですが、建築コストが高くなってしまうために、供給量は少ないのが現状です。

立体駐車場のメリット

立体駐車場は、平面駐車場と同じように利用が出来ますが、最大の利点は屋根がついているということです。地下空間を利用していても、ビル型であっても天井が屋根の代わりとなるために、車への雨風の影響を最小限に出来ます

都市部では空いている土地が少ないので、比較的こうした立体駐車場を見ることが出来ます。また、平面駐車場とは違い、車が目に付きやすいというわけではないので、防犯という面でもメリットが大きいでしょう。

立体駐車場のデメリット

立体駐車場の多くは高さ制限が設けられているので注意しましょう。天井までの高さに限りがあるため、入り口ゲートで高さに関する注意がされていることがほとんどです。自分の車が利用条件に当てはまっているかどうかを確認する必要があります。

都市部で見られる立体駐車場は、月極料金が高めに設定されていることも多いです。もともと地価が高いエリアに建てられていることが多いため、どうしても高い利用料金となってしまう傾向があります。

機械式駐車場―ピットタイプ、パズルタイプ

土地がさほど広くなくても設置することが可能で、マンションの駐車場や駅前などで見かけることが多いです。土地が狭い・コストを抑えるということで人気がありますが、ひとことで機械式と言ってもその種類はさまざまです。昇降機やパレットなどが使われていて、機械を操作することで車室を上下や左右に移動させて入出庫出来るようにしています。

ピットタイプ、パズルタイプとは

マンションなどでよく見かけるのが、ピットタイプやパズルタイプと呼ばれる機械式駐車場です。

  • ピットタイプ
  • 上下のみに車室が移動するもので、2段式や3段式のものを見かけることがあります。2段式であれば、2台分を機械の操作によって動かすだけなので、車の入出庫の際に待ち時間をとられることはありません。

  • パズルタイプ
  • 上下だけでなく左右にも車室が移動します。戸数の多いマンションなどで見かけることが出来ます。
    パズルタイプであっても、一度に可動する車室数は数台分であるため、それほど入出庫に待ち時間が発生するといったことはないでしょう。

ピットタイプやパズルタイプを利用したい場合は、車のサイズに制限があります。また、入庫の際はバックで入れなければならないことがほとんどです。

地下スペースに格納するタイプでは、雨などの浸水被害に気を付ける必要があります。排水設備はありますが、急な豪雨で排水が追い付かない場合、地下にある車が浸水してしまう可能性もあるのです。雨には注意して、必要であれば出庫しておくなどの対策はしておいた方がいいでしょう。

機械式駐車場―ビルトインタイプ

駅前や大都市などで見かけることが多いのが、ビルトインタイプの機械式駐車場です。いろいろな種類がありますが、タワー型とエレベーター型が多いでしょう。

  • タワー型
  • メリーゴーランドのように車室が回転することで車を移動させます。同じ方向にのみ回転するため、車室の場所によっては入出庫に時間がかかることとなります。

  • エレベーター型
  • 車室の移動は専用の空間をエレベーターのように直線的に行うものです。あらかじめ車室の移動空間が確保されているので、最短距離で車室を移動することが出来ますが、一定の待ち時間は発生します。

機械式駐車場のメリット

ビルトインタイプの機械式駐車場は車専用の建物であるため、セキュリティ面では非常に優れています。基本的に入庫の際は運転手や同乗者は降車しなければならないため、建物の中に人が入り込むことは出来ません。防犯対策としては有効です。管理人がいることも多く、入出庫の安全面も配慮されています。

機械式駐車場のデメリット

サイズにはかなり厳しく、少しでもオーバーしてしまうと入庫することが出来ません。車体サイズだけでなく、タイヤ幅に制限がかけられていることもあるので、利用前には必ず確認した方がいいでしょう。また機械式駐車場の車室は最小限のスペースに設計されているので、トラブル防止のためにもミラーは畳んでおくことが大切です。

ぴったりの駐車場を選ぼう

月極駐車場を探している人は、いろいろな駐車場の特色を知っておくといいでしょう。使いやすさでは平面駐車場が一番人気がありますが、防犯面では不安も残ります。マンションや大都市では機械式駐車場を多く見かけることが出来ます。

利用できる車のサイズに制限がある・入出庫に時間がかかるといった点はありますが、高いセキュリティ面は魅力のひとつです。

それぞれ違う特徴を見極めて、ぴったりの駐車場を見つけましょう。