月極駐車場は短期でも契約できる?期間と契約の流れ、審査方法

月極駐車場を借りたいと思っても、どのくらいの期間から契約できるのか知らないという人も多いでしょう。もし、短期で借りたい場合にはしっかりと契約内容を知っておかないと違約金が取られることもありますので注意が必要です。今回は月極駐車場の契約期間について説明し、計画的に利用するコツも合わせて紹介します。

月極駐車場とは

月極駐車場は、ひと月単位で賃貸する駐車場を言います。書面によって賃貸借の契約が締結するのが一般的で、常時その駐車場に車を駐車するのであれば車庫証明を取得することも可能です。

月極駐車場には2つの種類があります。

自走式駐車場

ドライバーが自分で運転して駐車スペースに出し入れします。自走式駐車場のメリットは、車の出し入れに時間がかからないことと、車のサイズに関する制限が少ないことでしょう。自走式駐車場は路面が舗装されているものやそうでないもの、屋根やシャッターがあるものやないものなどがありますが、デメリットとして屋根のない平面駐車場の場合には車が汚れやすいと感じることや、防犯面での不安もあります。

機械式駐車場

機械を使って自動車を出し入れする方式で、車の乗った台を上下に移動させる昇降式や、台を重ねる多段式、台を循環させて駐車する循環タワー式などさまざまな種類があります。

機械式駐車場のメリットは防犯面に優れていること。デメリットは、車の全高や全長に制限がある場合が多いため、車種によっては駐車できない可能性があることです。また、出し入れに時間がかかることや、機械のメンテナンス時に使用できないこと、さらに機械が故障してしまった時に車の出し入れができないといったこと挙げられます。

契約期間

月極駐車場は契約期間が1年と定められている場合が多いようです。なかには契約の更新を2年ごとに行うところや、1カ月ごとのところもあります。

知っておきたい「解約予告」

契約期間中には解約できないと考えてしまう人もいますが、ほとんどの契約において「解約予告」というのが定められています。これは月極駐車場を解約する際、1カ月前に予告をすると途中解約も可能であるといった内容です。

注意が必要なのは、解約予告を守った場合であっても違約金を請求されることがあることです。

短期で借りる場合の注意点

月極駐車場は短期で契約をしたい場合に断られることがあります。上記のように、短くても1年間の契約が必要である場合が多いのです。なぜでしょう。

例えば車庫証明を取る目的で月極駐車場を借りる場合、一度車庫証明を登録すると、同じ区画において3ヵ月の間は違う車の車庫証明の登録ができないと定められているからです。

車庫証明だけを取得してすぐに駐車場を解約することは犯罪であり、何度も同じ場所で短期間に車庫証明を取得しようとすると貸主や管理会社が警察から注意を受けることもあります。

そういった理由から車庫証明書が必要な場合に限って数カ月分の賃料の全納を求められることや、数か月間の解約不可期間を設けられることが多くみられます。もし車庫証明が不要な場合には貸主や管理会社に相談すると、ごく短期でも月極駐車場を借りられるケースもあります。

契約の流れ

月極駐車場の契約には審査の都合などで思いのほか時間がかかることがあります。もし、駐車場が必要な日付が決まっていても間に合わないことがありますので、契約までの流れや所要時間を確認しておきましょう。

駐車場を探す

月極駐車場は不動産屋に依頼して探してもらうのが簡単な方法で、大抵1日~2日で見つかります。ただ、屋内の駐車場や、安いところなど条件を細かく設定すると見つかるまでに時間がかかることもあります。

申し込み、審査

月極駐車場が見つかれば、その物件に申し込みします。所定の書類に借主の生年月日や現住所、勤務先などを記載しましょう。所要時間は大体1~2日です。

申込書が貸主や管理会社の手に渡ると、貸主や管理会社が審査を開始します。1~2日程度で審査は終わりますが、規模の大きい駐車場などの場合には審査が厳しいこともあり、1週間程度かかることもあります。

審査通過後

審査を通過すると初期費用の案内が届きますので、それをもとに必要な金額を振込指定口座に振り込みます。指定の期日までに振り込めば問題ありませんが、急いでいる場合にはすぐに振り込むのがいいでしょう。貸主が個人の場合には貸主の自宅や事務所に初期費用を持参するというケースもあります。

初期費用の振込と同時進行で、契約書の取り交わしも行います。契約書の取り交わしは貸主の自宅や管理会社で行うことが多く、貸主と借主の時間が合えば1日で契約書の取り交わしが完了します。時間の都合がつかない場合には郵送によって契約書の取り交わしができることもありますが、郵送の場合には2~3日はかかると考えましょう。

初期費用が振り込まれ、契約書が取り交わされると契約が開始されます。

どんなことを審査するの?

収入

毎月滞りなく賃料が支払えるだけの収入があるかといった点が審査されます。家を賃貸する際の契約と同じであり、申込書には年収や勤続年収を記載する必要があります。学生で収入がない場合や、アルバイトで安定した収入を得ていない場合であっても、両親に連帯保証人になってもらうことで審査を通過するケースも多いです。

職業

また、申込者の職業が公序良俗に反していないかも審査の対象です。そのため、水商売をしている人や風俗で働いている人は審査に通らないことがあります。ただ、貸主が個人オーナーの場合や、地域によっては審査に通ることもありますので、相談してみるのがいいでしょう。

反社会的勢力に属していないこと

さらに暴力団などの反社会的勢力に属していないことも審査の対象です。審査の厳しい管理会社などでは、暴力団に属しているかどうかや申込人の逮捕歴などを専門の調査会社を使って調査することもあります。

契約理由

それに加えて契約の理由が適切であるかも審査されます。申込書には月極駐車場を使用する用途や理由を記載する欄が設けられている場合があり、その理由次第で審査に通るかどうかが決まります。

適切でないと判断される理由の一つに「恋人の家が近くにあるため」があります。この理由では、もし二人が恋人関係を解消すると契約が無くなる可能性が高いと判断されてしまうのです。貸主は長期的な契約を結べる借主を優先しますので、審査に通りにくくなってしまうと言えるでしょう。

次に挙げられるのが「家からは遠いが安い駐車場を借りたい」といった理由です。
この場合には安い駐車場に車を乗り捨てるのではないかと考えられてしまいます。実際に廃車寸前の車を乗り捨てられたというケースは多く、貸主は処理に困るといった事態を避けたいと考えます。

このような審査を無事に通過すると、月極駐車場の契約ができるようになります。

月極駐車場を上手に利用しよう

月極駐車場の契約は1年と期間が決められているところがほとんどです。長期で契約をする際には問題ありませんが、短期の契約は難しいこともありますので、心配な場合には貸主や管理会社に相談をしてみましょう。

契約までには審査などがありますので、月極駐車場が必要な場合には早めに探し始めることをおすすめします。契約の期間や審査の内容などをしっかりと知り、上手に月極駐車場を利用しましょう。

合わせて読みたい>>『駐車場契約で失敗しない、契約書の要チェック事項6つ

駐車場契約で失敗しない、契約書の要チェック事項6つ

なんらかの理由で月極駐車場を借りているという人は多いですが、契約書の内容をしっかり確認していなかったために思わぬトラブルや問題に遭遇してしまうという人もいるようです。このため事前に契約書の内容を確認しておく必要がある反面、何をチェックしておけばいいのかわからないという人もいます。
そこで今回は、月極駐車場の契約書の読み解き方やチェックポイントについて解説します。

駐車場の契約期間、賃料の支払いに関しての記載

月極駐車場の契約書を取り交わすうえでまず一番に確認しておきたいポイントが、契約期間と賃料の支払いに関する内容です。一般的に月極駐車場は期間限定で利用されるものと考えられているので、賃貸物件のように契約期間がある程度決められています。

契約期間が過ぎてからは契約終了となるため、契約書によっては再度契約を交わす必要があるものや契約更新をしなければいけないものも多いです。ただ、条件によっては契約更新ができない場合もあるので、契約期間とその後の対応については必ず確認しておきましょう

それと同時に賃料の支払いに関するものも要確認です。多くの契約書では毎月25日または末日までとされていて、それまでに指定された入金方法で一定の賃料を支払います。

これらの情報はすべて契約書に記載されていますし、万が一賃料の入金が遅れてしまった場合のペナルティや対応も記載されていることがほとんどです。記載されていない場合は駐車場のオーナーに直接確認するなど、基本的な情報は必ず押さえておくことが重要です。

解約に関しての記載

月極駐車場は契約期間が決まっていますが、契約期間内であっても解約することは可能です。このため何らかの理由で月極駐車場を途中で規約しなければならなくなった場合でも、対応してもらうことができます。

ここで注意しなければいけないのが契約書に記載されている内容です。解約する際には何か月前に連絡をしなければいけないのか、解約する際の通知を誰にするのか、賃料の支払いは日割り計算が適応されるのかどうかが記載されています。

契約書によっては賃料の日割り計算が適応されない場合もありますし、解約通知の連絡先も仲介会社である場合とオーナーである場合など異なっている場合があるようです。

また契約主が解約を申し出る以外にも、何らかの過失によって強制的に解約されてしまうという場合も考えられます。契約書にはオーナー側が問題のある契約主を解約できるようにするための記載をしていることが多いので、トラブルを避けるためにも確認しておくことが大切です。

ちなみにオーナー側の事情で解約することになった場合に関しての記載もあり、その場合は1か月前に事前予告される旨が書かれていることが多いとされています。もしも無断で契約が解除されてしまっている場合は、その記載を元にオーナーと交渉することも可能です。

賠償義務に関する記載

月極駐車場の契約書には、賠償義務に関しての記載もあります。賠償義務とは月極駐車場そのものや駐車場内にある設備、さらに同じ駐車場を利用しているほかの契約者の車などにぶつけた場合は、契約者がその責任を負うという内容です。

この記載があることによってオーナー側は契約者に対して賠償責任を追及することができるので、どのような行為をすると賠償義務が発生するのかという点は確認しておかなければいけません

賠償義務に関する記載とともに定められているのが、月極駐車場を利用する際の禁止事項です。禁止事項の内容のすべてに賠償義務が発生するというわけではありませんが、基本的に月極駐車場内で契約者自身が起こしてしまった損害に関しては賠償義務が発生すると書かれていることが多いです。

ただ契約書に記載されていない損害であったり月極駐車場外で起こしたもの、契約者自身が直接起こしたわけではない損害は賠償義務が発生しない可能性もあります。そのため賠償義務に関しては、具体的な内容を契約書とともにオーナーや仲介会社に確認しておくことがおすすめです。

免責事項に関する記載

免責事項とは、オーナーや仲介会社が関与していない問題によるトラブルや問題については責任を負わないという内容の記載です。よくあるのが天変地異や他の区画を使っている契約者との事故やトラブル、盗難などが挙げられており、これらの責任はあくまでも契約者本人にあると明記しているものとなっています。

このため災害によって車が損害を受けてしまったりほかの契約者とトラブルが起きた、さらに月極駐車場内で盗難や紛失が起きてしまったとしても、その責任をオーナーや仲介会社に問うことはできません。

この免責事項を確認せずに損害やトラブル、盗難などをオーナーや仲介会社に訴えたとしてもどうすることもできないので、チェックしておく必要があります

もし免責事項に関しての記載がない場合はオーナーや仲介会社に責任を求めることができる可能性もありますが、さらに大きなトラブルになってしまったり契約を解除されてしまうリスクがあるので注意が必要です。

明け渡しに関しての記載

月極駐車場の契約が満了したり解約となった場合、契約が終了するまでに契約時の原状回復をした上で車を移動させなければいけないとされています。この明け渡しに関しての記載も当然契約書に記載されており、どこまで原状回復をするのか、その費用はどのようになっているのか、明け渡し期間を過ぎた場合はどのような対処が行われるのかを確認します。

注意が必要なのは、明け渡しを過ぎた場合に関しての記載です。明け渡しが行われなかった場合は車はレッカーなどで移動されることが多く、原状回復なども含めてかかった費用がオーナーや仲介会社から請求される可能性があります。

さらに明け渡しが行われなかった期間の費用なども賠償義務に含まれていることが多く、期間に応じて損害賠償を請求するという記載が盛り込まれている可能性も指摘されているのです。

これらの内容が契約書に記載されている場合は明け渡しに応じなかった契約者側に問題があると判断されるため、確実に確認しておきたいポイントの一つだとされています。

特約に関しての記載

月極駐車場の契約書には、一般的な事項のほかにもそれぞれの月極駐車場で決められている特約事項があります。特約事項は条件など内容によっては契約者に不利になるものもあるため、事前に確認して自分たちにとって不利益がないかどうか、気になる部分はないかどうかを調べておくことが大切です。

たとえばマンションなどに付随している月極駐車場は、マンションに住んでいる人以外にも住んでいない人にも貸し出している場合があります。その場合の特約事項として、マンションに住んでいる人から利用の申し出があったら一定期間までに明け渡しをする旨が書かれていることが多いです。

この期間は契約書によって異なりますが、期間が短いと次の月極駐車場を見つけるまでの期間も短くなってしまいます。

ほかにも車庫証明書の発行手数料の特約や不法駐車に対する免責特約、車両変更時の車検証提出などさまざまな特約事項が盛り込まれています。中には契約者とのトラブルを防ぐものや違法な利用を防ぐためのものなども多いので、その点も理解して目を通しておくべきポイントです。

契約書の内容をしっかり理解しよう

月極駐車場は通常の賃貸物件と違い、駐車場ならではの事項が契約書に盛り込まれていることが多いです。

また通常の賃貸物件とは異なる点も多いので、特に賠償義務や免責に関する事項、明け渡しに関する事項などは目を通しておかないと思わぬトラブルになってしまいます。ほかにも基本的な事項も内容を理解したり確認しておかなければいけないポイントが多いので、わからないままにせずオーナーや仲介会社に確認することが大切です。

ぴったりが見つかる、月極駐車場の探し方とポイント

車を購入したり引越したりして駐車場が必要になった場合、敷地内に停められる場所がなければ月極駐車場を借りることになるでしょう。
しかし、どのように探してよいのか、どんな駐車場を選べばよいのか、なかなかわからないのではないでしょうか。そこで、当サイトでは月極駐車場の探し方、立地や料金など選び方のポイントについて説明します。

【探し方1】不動産会社の店舗で相談する

月極駐車場は、マンションやアパートなど賃貸物件を扱う不動産会社でも取り扱っています。多くは、駐車場なしの物件へ引越す際に、空きのある月極駐車場も探してもらい契約することが多いでしょう。

賃貸住宅は何社もの不動産会社で同じ物件を扱うこともありますが、月極駐車場は1社だけでしか扱わないことも多いものです。そのため、いざ新居に住んでみてからもっと近くに月極駐車場を見つけたという話も少なくありません。

同じエリアを扱う不動産会社数社回ったほうが選択肢は増え、よりよい月極駐車場が見つかる確率が高くなるでしょう。

何箇所か候補を絞り込んですぐに見に行くこともできます。ただし、引越し先が現在の住まいから遠く離れている場合は、実際に月極駐車場が見つかり契約するまでには交通費や時間もかかります。それなりに手間が増えることは覚悟しなければなりません。

【探し方2】インターネットで調べる

全国の月極駐車場の情報を扱うサイトでインターネット検索という探し方もあります。インターネットで探す場合はどの辺に空き駐車場が多いのかもすぐにわかり、それぞれの月極の駐車料金がわかるため便利です。駐車場や周辺の様子も写真で見られたり地図アプリの航空写真などでだいたいの様子がわかります。

ただし、すべての月極駐車場を網羅できているわけではありません。小規模の個人で貸し出ししている貸駐車場などは掲載されていない可能性も大いにあります。掲載されている写真も情報が古いものもあり、周辺の様子が変わっていても更新されていない場合もあるため注意が必要です。

しかし、遠方のため現地に直接行くことが難しい場合は、とても便利に活用できるでしょう。直接不動産会社に探してもらう場合でも、近隣の駐車料金の相場がわかるため下調べするのにも便利です。

【探し方3】自分の足で探す

長く利用することになる月極駐車場なら、できれば近隣を歩いて自分の目で確かめて探すのが理想です。駐車場に看板があり管理者の電話番号に問い合わせると空きがあるのか、今後空き予定があるのかなどについて教えてくれます。何番と何番が空いているとわかれば、どちらが停めやすいかなどすぐにその場で確認できます。

自分の足で探す方法は、不動産会社に管理を委託している駐車場だけでなく、個人で管理運営している月極駐車場が見つかる可能性もあるのがメリットです。実際に見て歩いているため自宅からの距離感もつかめ、それぞれの駐車場の比較もしやすいです。

ただし、ある程度時間に余裕のある人、探す範囲が狭い場合、などに限定されるかもしれません。「空き有り」と看板や貼り紙があればわかりやすいですが、問い合わせないと空きがあるかどうかがわからないこともあるものです。駐車場はたくさんあるのに、結局空きが見つからず空振りに終わることもあります。

【探し方4】チラシや地域情報誌で見つける

ポスティングされるチラシやタウン誌などの地域情報誌などで月極駐車場の募集広告が入ることがあります。タイミングよく希望する場所の駐車場が見つかれば良いですが、ポスティングされるのをひたすら待つというのも現実的ではありません。

しかも、現在の住まい近辺の情報しか掲載されないため、遠方の月極駐車場を見つけることは不可能です。

設備や環境でこだわりたいポイントは?

月極駐車場は、大きく下記の2つに分かれます。

  • 自走式
  • 機械式

自走式は、平地でも立体でも自分で車を駐車場所まで運転して停めます。大規模の自走式の立体駐車場は、上の階になればなるほど入庫にも出庫にも時間がかかることを理解しておきましょう。通勤時間帯に車の列が続くこともありますが、小規模の平地の駐車場ならそんなこともありません。

機械式は、マンションの敷地内に多い昇降式のものや循環タワー式の構造です。狭い敷地に多くの車を停められるメリットがありますが、この場合も、スムーズに入出庫できないものと割り切る必要があります。

また、屋根の有無が車のコンディションに大きく影響を与えます。常時露天にさらされるのでは塗装の劣化も早く、雨や雪で汚れやすくなるものです。地面も舗装の有無により、足回り周辺のボディのコンディションが左右されます。整地されていない砂利などでは水たまりができ、泥汚れや砂利のキズなどが見られます。

ただし、駐車環境が整っていないほうが安く借りられることがほとんどです。大切にしたい新車なのか、そこまでこだわらないのかによって考えるといいでしょう。そもそも、そこしか空いていない場合は選択の余地がありません。

車上荒らしや部品盗などの被害は、人通りの少ない目の届きにくい場所にある車が狙われます。防犯上安全な立地にあるか、常夜灯などが近くにあるか、防犯カメラの有無、などでセキュリティ面をチェックしてみましょう。

安さ?近さ?優先するポイントを明確に

月極駐車場の候補がいくつかあれば、駐車料金か距離かどちらを優先して選ぶか迷うことになるでしょう。自宅が駅から近い立地にあれば、周辺にある駐車場の相場も高くなるでしょう。

逆に、駅から遠ざかるほど相場は安くなる傾向にあります。車を毎日使うのか、休日にしか使わないのかなどにより選ぶべき駐車場が見えてくるのではないでしょうか。毎日の通勤に車が必要なら、遠くて安い駐車場よりは、多少高くても自宅に近いほうが何かと便利です。

停めやすさと乗り降りのしやすさはどうか

駐車場の場所の下見をする際には、実際の利用シーンを想定したチェックが重要です。

車種に適した広さがあるか、たとえば荷物の出し入れの際に大きくドアを開いて両隣の車にぶつからない十分なスペースがあるか確認しましょう。乳幼児がいる家庭なら、子どもを抱きかかえてチャイルドシートに乗せ下ろしするのにも余裕があるかも大きなポイントです。

月極駐車場は、壁などに面した端の駐車場所は、他の場所よりも安い駐車料金設定になっていることがあります。それは、端のほうが車が停めにくいことが理由です。車を運転する可能性がある人が誰でも無理なく停められる場所かどうかも実際に運転して確かめておきましょう。右端、左端、人によっては得意な側があるからです。

前進してバックに切り返すのか、逆なのか、周囲の交通量はどうかなど、駐車がスムーズにできるかどうかも見ておいたほうが無難です。

契約する前に確認しておきたい注意点

借りたい月極駐車場が決まったら、事前に確認すべき注意点があります。

  • いつから借りられるのか
  • 月の途中からなら日割り計算してもらえるのか
  • 丸々1カ月分の駐車料が必要なのか

上記の三点は聞いておきましょう。タイミングによっては、一時的にコインパーキングなどを利用したほうが割安になることもあるからです。

契約の際も、敷金や礼金が必要か、契約更新の際の更新手数料などについても確認しておきましょう。不動産会社なら賃貸借契約書が用意されていますが、個人契約の場合、正式な書面がないことも考えられます。できれば書面にして署名押印などで取り交わしておきたいところです。

自宅周辺にいくつも月極駐車場があるのに、タイミングが悪いとすべてふさがっていて空きのない場合もあります。近くの駐車場が空くまでのつなぎとして一時的に月極駐車場を借りる場合もあるでしょう。その際は、契約更新時期以外の解約では解約手数料が発生することもあります。

どのくらい前に解約予告をする必要があるかなどについても確認しておきましょう

空いている月極駐車場が見つからずに、かなり遠い駐車場を契約して自転車で行き来するような場合は、距離を測っておく必要があります。自宅から2km以内でないと車庫証明が取れない可能性があるため気をつけましょう。

合わせて読みたい>>『駐車場契約で失敗しない、契約書の要チェック事項6つ

月極駐車場は立地か料金の優先順位を決めよう

月極駐車場は駅前など繁華街や交通の便のいい立地は、駐車料金も高くなる傾向にあります。場所にこだわらなければ、駅から離れた場所のほうが安く見つけられる可能性が高いです。

自分にとって適した探し方はどれか検討してから早めに行動を起こすことが大切です。特に引越しと同時に車が必要になる場合は、不便のないように年度末の引越し繁忙期の時期は空き予定も含め早めに探しておきましょう。