5分でわかる月極駐車場の解約の流れ

所有している車を停めておくために、月極駐車場を利用しているという方も多くいるでしょう。しかし、引っ越したり、車を売ってしまったりなど駐車場が不要になった場合、駐車場解約の仕方に悩んでいる方もいるかもしれません。ここでは、月極駐車場の解約の仕方や必要なものなどについて解説していきます。解約を検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

駐車場を解約したくなったら

法人経営の駐車場と個人経営の駐車場とで、解約の際の決まりに差があることもありますが、基本的には解約の1ヶ月前には連絡を入れるのがマナーとされています。

引っ越しをしたり、車を売ってしまうため、月極駐車場の解約をしたいと思ったら管理会社や不動産会社など、駐車場を管理している会社に解約をしたいという旨の連絡を入れるようにします。連絡を入れたらすぐに解約になるわけではないので、駐車場を使わなくなる日にちを考えつつ、余裕を持って連絡をするようにしましょう。

法人経営の駐車場の場合

駐車場を契約する際の契約内容によっても異なりますが、不動産会社や管理会社など法人経営の駐車場を解約する場合、また借主から解約の申し出をおこなう場合は、解約の1ヶ月前にその意向を伝えるのが原則であると言われています。解約したい日の直前に連絡をしてしまうと、翌月分までの支払いを請求されてしまうこともあるようです。

なお、契約している会社によっては2~3ヶ月前に解約の連絡を入れなくてはいけないと定めているところもあり、一概に1ヶ月前に解約の連絡を入れれば問題ないということではないので注意しましょう。月極駐車場を契約する時には契約書を交わしているので、「解約予告の告知期限」という項目に書かれている内容をチェックしてみる必要があります。

ちなみに、通常は契約書の中に具体的な記載がありますが、賃貸借契約書によっては、解約予告の告知期限が記載されていないというケースもあります。そのような場合は、法律で解約の申し出は、3ヶ月前までに告知をすることが定められているため、念のためそのくらいの時期には伝えた方が良いでしょう。

トラブルを避けるためにも、月極駐車場の必要性がなくなった時点で管理会社や不動産会社に解約の意思を伝えておきましょう。

個人経営の駐車場の場合

個人経営の月極駐車場を借りている場合でも法人経営の駐車場の場合と同様、解約したい日にちの1ヶ月前には連絡を入れると良いでしょう。管理会社や不動産会社との契約と異なり、人によっては直前の解約申し出でも対応してくれるケースもありますが、基本的にはあらかじめ、1ヶ月程度の余裕を持って伝えるのがマナーと言えます。

借りている方も貸した方も気持ちよくやり取りできることが大切です。なお、個人経営の駐車場を借りる場合は、解約の際の手続きも法人経営の駐車場と異なることが多いので、契約した際によく確認しておくようにしましょう。

駐車場の解約に必要なもの

月極駐車場を解約する際に必要となるものは、

  • 印鑑
  • 駐車場使用契約解約届
  • 駐車場解約申込書

などの所定の解約書類となっています。なお、所定の書類に関しては、法人経営の駐車場の場合、管理会社や不動産会社が用意するので、持っていないからといって焦る必要はありません。

「駐車場使用契約解約届」や「駐車場解約申込書」には、利用している駐車場の名前や区画番号、申出日や解約日に加えて返還金がある場合の振込先となる金融機関名や口座名義を記載する箇所があります。

駐車場解約の流れ

月極駐車場を解約する場合、手続きは不動産会社や管理業者の窓口で行うか、もしくは、所定の書類を郵送したり、電話で行います。引っ越しが理由の場合、引っ越し予定日まで解約手続きは可能となっていますが、契約時に交わした書類に記載されている解約告知期間までにおこなう方が良いでしょう。

なお、代理人による手続きは不可で、解約の際の手数料は無料となっている場合が多いようです。手数料に関しては、不動産会社などが駐車場の管理を請け負っている場合、駐車場の持ち主との仲介をする際の料金として、契約の際に発生することはあるようですが、解約の際には無料なのが一般的となっています。

解約手続きが契約の際に定められている解約告知期を過ぎてしまった場合は、翌月分までの利用料金を支払わなくてはいけないこともあるので気を付けるようにしましょう。契約する際に、敷金を支払っている場合は、そのお金が返金されます。通常は「駐車場使用契約解約届」や「駐車場解約申込書」などの書類に記載した銀行口座に振り込まれます。

法人経営の駐車場の場合は、このような流れになりますが、個人経営の月極駐車場を借りている場合は、解約の仕方が異なっていることもあります。解約するにあたって必要な書類や取り決めに関しては、直接オーナーに確認するようにして下さい。

賃料の日割り計算はしてもらえるのか

月極駐車場を借りている場合、基本的には月ごとの契約となっています。月の途中で解約するという場合でも、賃料の日割り計算に対応してもらうことは難しいケースが多いです。

中には、「契約開始月」または「満期解約月」に限って日割り計算に対応してもらえることもあります。この期間に解約する場合は賃料を日割り計算してお金を返還してもらうことが可能になりますが、それ以外の月に解約をすると月単位の料金を請求されてしまうので注意が必要です。

月の途中で解約したいという方は、賃貸借契約書に「1ヶ月に満たない期間の賃料」についての記載があるかどうかを確認してみて下さい。

解約をスムーズに進めるためには

駐車場の解約手続きをトラブルなくスムーズに進めるためには、遅くとも解約したい日の1ヶ月前には解約の申し出を行うようにしましょう。解約の時期に関しては契約先によって異なりますが、なるべく早く連絡を入れることで、余分な支払いを防げることもあります。

事前に契約書をよく読むことも大切です。契約書には、解約手続きの方法や月の途中での解約に関する事柄について記載されているので、あらかじめ読んでおくことにより、思い違いによるトラブルを防ぐことができます。さらに、解約の手続きをする際には出来るだけ書面でのやり取りをして、証拠として残しておくと良いでしょう。口頭のみでやり取りをおこなってしまうとお互いの認識違いによるトラブルが起きる可能性があります。

トラブルなく解約しよう

何かとトラブルになることが多い月極駐車場の解約手続きですが、解約したい月の1ヶ月前には管理会社に連絡を入れるなど、余裕を持った対応をおこなうように心がけるようにしましょう。解約については、管理会社によって異なることもあるので、契約書をよく読むことが大切です。正しい手順を踏んで、トラブルなく解約しましょう。