月極駐車場の料金相場!やはり都心は高かった

自動車を所有するためには、車両価格以外にもさまざまな費用が必要です。なかでも無視できないのが駐車場代などの維持費用です。とくに都心で月極駐車場を利用する場合には、それなりの金額を覚悟しておく必要があります。

この記事では、都心で月極駐車場を契約するときにはどれくらいの費用がかかるのか、全国各地の相場はどれくらいなのかなどを解説していきます。

東京23区の月極駐車場はいくらか

月極駐車場を契約する際は、地域の相場をしっかりと把握しておくことが大切です。相場がわからなければ料金が適正かどうかを判断できないからです。
まず全国の月極料金の平均ですが、およそ8,300円です。これに比べると東京23区の相場はかなり高くなります。

  • 「港区」は約47,500円―もっとも高く、全国平均の5倍以上
  • 「中央区」は約47,000円
  • 「千代田区」は約46,500円

軒並み高額な月極め料金です。

もっとも、一口に東京23区といってもオフィス街から住宅街までさまざまです。比較的居住用住宅が多い地域では、多少相場が下がります

  • 「目黒区」は約34,900円
  • 「江東区」は約30,600円
  • 「世田谷区」は約26,800円

おおよそ30,000円前後となっています。
なお、世田谷区は都会的なイメージと違って田園地帯も多く、区内でかなりの価格差があることには注意が必要です。
主要な駅周辺のエリアでは、目黒区とあまり変わらない料金となります。

東京都心でも安いエリアがある

東京23区でも、平均が20,000円を割る地域があります。

  • 「練馬区」は約19,600円―東京23区のなかでもかなり埼玉県に近く地価も低い
  • 江戸川区以西のエリア
  • 「足立区」の約18,200円―もっとも安い

それでも全国平均の2倍を超える金額のため、誰でも気軽に自動車を所有できるエリアというわけではありません。

また、駐車場のない賃貸マンションや賃貸アパートが多いため、条件のよい月極駐車場はすぐに埋まってしまう傾向にあります。引越しなどで緊急に駐車場が必要な場合は注意が必要です。

全国の主要都市はどうなのか

全国の月極駐車場の平均料金は、東京都に比べるとかなり手頃な金額となります。

「札幌市」は約10,000円、「仙台市」は約11,400円で、全国平均よりも数千円高い程度です。さらに県庁所在地とはいえ人口密度の低い地域はさらに低く、「山形市」は約5,850円、「水戸市」は約5,800円となっています。

これらの地域は自動車で移動することが多いため、一世帯で何台も自動車を所有していることが珍しくありません。
自宅の駐車場では足りずに近所の月極駐車場を利用するケースも多くみられます。月極駐車場はあまり空きがないことが多いので注意が必要です。

東京都以外でも、人口が多く地価が高い地域はやはり駐車場の料金も高くなります。

「横浜市」の平均は約17,300円、「京都市」は約18,000円で、「神戸市」が約15,900円という料金です。もっとも高いのは「大阪市」で、約24,500円となっており、エリアによっては東京23区並みの水準となります。

九州は「福岡市」が約11,300円、「宮崎市」が約4,700円と、エリアによってかなりの差がみられます。

都心で契約するのに必要な費用

月極駐車場を契約する際には、賃料以外にもさまざまな費用が発生します。地域や不動産会社などによっても変わる可能性があるため、事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

「賃料」は月々の駐車場使用料を指しますが、契約時にその月の賃料1ヶ月分を払うことが一般的です。月の途中からの契約の場合は、「その月の日割り賃料」と「翌月の賃料」を払う必要があります。

賃貸住宅などと同じように「敷金」が発生することにも注意が必要です。「保証金」と呼ばれることもありますが、内容はほとんど同じです。賃料の滞納や設備の損壊などに充てるためのものですが、とくにトラブルがなければ解約時に返金されます。

駐車場によっては「一定期間内の解約」は保証金を返還しないというところもあるので、契約前に確認しておきましょう。
「礼金」が必要なことも多いので、用意しておく必要があります。さらに「手数料」も発生します。これは「仲介手数料」として不動産会社に支払うものです。通常は賃料の1ヶ月分となります。

「敷金」「礼金」がそれぞれ1ヶ月分とすると、最低でも契約時に賃料の4ヶ月分が必要ということになります。たとえば東京都港区で月極駐車場を借りた場合、契約時に190,000円以上の初期費用を支払うことになります。

都心は軽自動車でも車庫証明が必要

普通自動車と違って、軽自動車は原則車庫証明が不要です。しかし、都心では軽自動車にも「車庫証明」が必要であるため注意が必要です。正式には「保管場所使用承諾書」という書類で、駐車場のオーナーや管理会社の署名・捺印が必要です。

その後、所管の警察署で手続きを行う必要があります。車庫証明の発行には手数料が必要な不動産会社もあるため、事前に確認しておく必要があります。

一定期間内の解約で保証金が返還されないのはこの車庫証明が理由です。月極駐車場で車庫証明の登録を行うと、該当区画では3ヶ月の間車庫証明の登録ができなくなってしまいます。これは「車庫飛ばし」という犯罪を防止するためです。3ヶ月未満で解約されると不動産会社も新規の募集ができなくなるため、保証金が損害の補償として使用するということになるのです。

東京都の場合は、23区すべてで車庫届出が義務付けられています。市では、福生市、武蔵村山市など4市を除いたすべての市で届出が必要です。東京都以外でもほとんどの都市部では届出が必要です。

都心ではさらに賃料が上がることもある

東京23区などは平均でもかなりの賃料ですが、駐車場の条件によってはさらに料金が上がることもあります。たとえば「屋根付き」の駐車場です。同一の敷地内にある場合でも、10%程度料金が上乗せされます

また、都心特有の駐車場に「ビル地下などの屋内駐車場」が挙げられます。セキュリティが優れており、管理人がいる場合もあります。料金はかなり高く、周辺の相場よりも50%以上高くなることも珍しくありません。公共の月極駐車場も似た価格帯です。建物全体が駐車場という場合もあり、全体として余裕のある設計であることが特徴です。

郊外では平置き駐車場が一般的ですが、地価が高い都心では機械式立体駐車場が多くみられます。その場合、大型車やハイルーフ車に対応していないことが少なくありません。大型車などのオーナーは専用の月極駐車場を探す必要があります。
当然、一般の駐車場よりも割高になるため、多めの予算を用意しておく必要があります。

また、極端に最低地上高が低いスポーツカーや高級外国車なども、トラブル防止の観点から受け付けてもらえない月極駐車場もあります。都心では車種によっても利用できる月極駐車場が変わってくるため、事前の確認が不可欠です。

都心では相応の予算が必要

このように、都心で月極駐車場を契約するにはそれなりの予算が必要となります。割安で条件の良いところはすぐに埋まってしまうため、根気強く探すことが大切です。また、大型車などは専用の駐車場を探す必要があります。

転居などの場合は、家が決まっても駐車場が決まらないというケースが少なくないので注意が必要です。予算と時間には十分な余裕を持たせておくことが大切です。