駐車場にも種類がある!それぞれの特徴を解説

月極駐車場の利用は、自宅近辺だけとは限りません。勤務先の周辺や、通勤に利用する最寄り駅の近くなどで借りる人も多いです。月極駐車場にはいくつかの種類があります。
一般的に青空駐車と呼ばれることも多い平面駐車場、都市部にみられる立体駐車場、マンションや駅前などで見かける機械式駐車場、それぞれの特徴を知っておくことで自分に合った駐車場を見つけることが出来るでしょう。

平面駐車場

駐車場と聞くと、まず思い浮かぶのは平面駐車場という人は多いかもしれません。名前の通り、平面を利用した駐車場のことで、郊外など比較的土地に余裕があるエリアによく見られます。なかにはマンションの1階部分を平面駐車場に利用しているところもあります。

駐車場内を自走して移動することが出来るため、駐車場の中では最も利用しやすいといえます。駐車場自体は、アスファルト舗装されているところもありますが、なかには砂利であったり、土がむき出しであったり、設備に関してはそれぞれです。

平面駐車場のメリット

平面駐車場の最大のメリットは、利用者とってはとても使いやすいという事です。駐車スペースまで自分で運転して移動するため、車の出し入れに待ち時間はありません

マンション1階部分や屋根付き平面駐車場を除いて、青空駐車が基本となっているため、高さ制限がないのが特徴です。背の高いワゴン車を利用していたり、車にルーフボックスを積んでいたりしている人は、平面駐車場を探して契約しているという人も少なくありません。

平面駐車場のデメリット

デメリットとしては青空駐車であるため、太陽による紫外線や雨の影響を受けてしまうことが挙げられます。自然の影響や鳥などのフン被害を受けてしまうことは避けられず、車の劣化は早くなる傾向があります

防犯上も注意が必要です。平面駐車場は人目につきやすく、誰でも出入りすることが出来ます。そのため、パンクや傷といった被害を受けやすいのです。平面駐車場を選ぶ際は、防犯カメラの設置されているところを選んだり、自分自身で防犯対策をすることが必要かもしれません。

立体駐車場

大都市部の地下空間を利用したり、屋上などを利用して作られているのが立体駐車場です。ビルをまるごと駐車場にしている場合もあります。平面駐車場と同じような感覚で利用することができ、駐車場内は自分で運転して移動します。階を移動する際はスロープを利用します。利用者にとっては使い勝手はいいのですが、建築コストが高くなってしまうために、供給量は少ないのが現状です。

立体駐車場のメリット

立体駐車場は、平面駐車場と同じように利用が出来ますが、最大の利点は屋根がついているということです。地下空間を利用していても、ビル型であっても天井が屋根の代わりとなるために、車への雨風の影響を最小限に出来ます

都市部では空いている土地が少ないので、比較的こうした立体駐車場を見ることが出来ます。また、平面駐車場とは違い、車が目に付きやすいというわけではないので、防犯という面でもメリットが大きいでしょう。

立体駐車場のデメリット

立体駐車場の多くは高さ制限が設けられているので注意しましょう。天井までの高さに限りがあるため、入り口ゲートで高さに関する注意がされていることがほとんどです。自分の車が利用条件に当てはまっているかどうかを確認する必要があります。

都市部で見られる立体駐車場は、月極料金が高めに設定されていることも多いです。もともと地価が高いエリアに建てられていることが多いため、どうしても高い利用料金となってしまう傾向があります。

機械式駐車場―ピットタイプ、パズルタイプ

土地がさほど広くなくても設置することが可能で、マンションの駐車場や駅前などで見かけることが多いです。土地が狭い・コストを抑えるということで人気がありますが、ひとことで機械式と言ってもその種類はさまざまです。昇降機やパレットなどが使われていて、機械を操作することで車室を上下や左右に移動させて入出庫出来るようにしています。

ピットタイプ、パズルタイプとは

マンションなどでよく見かけるのが、ピットタイプやパズルタイプと呼ばれる機械式駐車場です。

  • ピットタイプ
  • 上下のみに車室が移動するもので、2段式や3段式のものを見かけることがあります。2段式であれば、2台分を機械の操作によって動かすだけなので、車の入出庫の際に待ち時間をとられることはありません。

  • パズルタイプ
  • 上下だけでなく左右にも車室が移動します。戸数の多いマンションなどで見かけることが出来ます。
    パズルタイプであっても、一度に可動する車室数は数台分であるため、それほど入出庫に待ち時間が発生するといったことはないでしょう。

ピットタイプやパズルタイプを利用したい場合は、車のサイズに制限があります。また、入庫の際はバックで入れなければならないことがほとんどです。

地下スペースに格納するタイプでは、雨などの浸水被害に気を付ける必要があります。排水設備はありますが、急な豪雨で排水が追い付かない場合、地下にある車が浸水してしまう可能性もあるのです。雨には注意して、必要であれば出庫しておくなどの対策はしておいた方がいいでしょう。

機械式駐車場―ビルトインタイプ

駅前や大都市などで見かけることが多いのが、ビルトインタイプの機械式駐車場です。いろいろな種類がありますが、タワー型とエレベーター型が多いでしょう。

  • タワー型
  • メリーゴーランドのように車室が回転することで車を移動させます。同じ方向にのみ回転するため、車室の場所によっては入出庫に時間がかかることとなります。

  • エレベーター型
  • 車室の移動は専用の空間をエレベーターのように直線的に行うものです。あらかじめ車室の移動空間が確保されているので、最短距離で車室を移動することが出来ますが、一定の待ち時間は発生します。

機械式駐車場のメリット

ビルトインタイプの機械式駐車場は車専用の建物であるため、セキュリティ面では非常に優れています。基本的に入庫の際は運転手や同乗者は降車しなければならないため、建物の中に人が入り込むことは出来ません。防犯対策としては有効です。管理人がいることも多く、入出庫の安全面も配慮されています。

機械式駐車場のデメリット

サイズにはかなり厳しく、少しでもオーバーしてしまうと入庫することが出来ません。車体サイズだけでなく、タイヤ幅に制限がかけられていることもあるので、利用前には必ず確認した方がいいでしょう。また機械式駐車場の車室は最小限のスペースに設計されているので、トラブル防止のためにもミラーは畳んでおくことが大切です。

自分にあった月極駐車場を選びたい

月極駐車場を探している人は、いろいろな駐車場の特色を知っておくといいでしょう。使いやすさでは平面駐車場が一番人気がありますが、防犯面では不安も残ります。マンションや大都市では機械式駐車場を多く見かけることが出来ます。

利用できる車のサイズに制限がある・入出庫に時間がかかるといった点はありますが、高いセキュリティ面は魅力のひとつです。